TOP > 入学試験 > 高校生・高校教員の方へ

高校生・高校教員の方へ

入学試験

高校生の方へ

大学院 情報科学研究科では、次の学科の4年生の卒業研究を指導しています。

大学院 情報科学研究科について

「情報」は今や物質やエネルギーと並んで人間社会を構成する重要な要素となっています。大学院 情報科学研究科は、「情報」に関する総合的な教育・研究体制を備え、 学部を持たない独立研究科として、我が国および世界の情報化の発展に寄与する使命を担って、教育・研究活動を行っています。

※大学院 情報科学研究科の教育研究活動を知るためには、研究科が開催している各種イベントに参加して、生の学校生活を知っていただくのが一番です。是非ご連絡ください。

研究室訪問

大学院 情報科学研究科の教員には、大学院教育の他に学部として工学部 電気電子・情報工学科(情報工学コース)や情報文化学部の教育を担当している者(これを学部兼担教員といいます)と、大学院教育だけを担当している者(これを専担教員といいます)がいます。学部兼担教員の研究室を訪問したい方は、以下のページを参照してください。大学院専担教員の研究室を訪問したい方は、高大連携担当教員までお知らせください。

セミナー

大学院 情報科学研究科では、一般の方を対象とした公開セミナーを定期的に開催しています。高校生の方も参加できます。

オープンキャンパス

工学部・情報文化学部ともに、高校生を対象としたイベントを開催しています。このうち、もっとも大きなものは名古屋大学オープンキャンパスでしょう。詳しくは以下のページをご参照ください。

工学部と情報文化学部のオープンキャンパスは別の日に開催されますので、両方に参加することができます。

また、工学部では「テクノサイエンスセミナー」や「テクノフロンティアセミナー」を開催しており、情報科学研究科の研究室も協力しています。詳しくは以下の工学部ホームページをご参照ください。

このページのトップへ

高校教員の方へ

このページは、情報科学技術分野における高大連携を推進するため、高等学校教員の方を対象として、高大連携に関する各種の情報を提供することを目的としています。なお、高大連携に関する問い合わせは以下までお願いします。

  • 北 栄輔(高大連携担当)E-mail: kita::is.nagoya-u.ac.jp(::を@に置き換えてください)
研究室訪問

研究室訪問の申請は、工学部もしくは情報文化学部の窓口を通して行うことができます。専攻・研究室によって担当している学部が異なりますのでご注意ください。ご不明な点は高大連携担当までお問い合わせください。

出張講義

出張講義に関して特別の窓口は用意されていません。ご希望がありましたら、高大連携担当までお問い合わせください。名古屋大学本部、工学部、情報文化学部等に問い合わせることも可能です。

オープンコースウェア(OCW)

名古屋大学では、名大の授業(名古屋大学OpenCourseWare)において教員の講義資料をインターネットで公開しています。ここでは普段名大生しか見ることのできない講義資料をたくさん公開しています。授業の内容を見て、教員の言葉を聞いて、名大の授業をぜひ「体験」してください。

各種イベント

高校教員の方が参加可能なイベントも数多くあります。特に、名古屋大学のオープンキャンパスは、生徒を引率しての参加を歓迎しています。

教員免許更新講習

名古屋大学では、2009年度より教員免許更新講習を開催します。これには情報科学に関連した授業も含まれています。詳細は以下のページでご確認ください。

8大学情報教育実施委員会

名古屋大学を含む国立8大学の情報系研究科長会議では、情報教育実施委員会を組織して高大連携を進めています。このページも、この委員会の活動の一環として作成しています。

このページのトップへ